rwk
Company
RWKって実際どうなの?第一線で活躍するExpert職特別対談!
対談メンバー
IMG_2221.jpg 名前 若女井 友美
入社年 2008年 中途入社
所属 第一事業本部第3グループ
役職 副チームリーダー
コメント 3人の男の子のママ!

IMG_2217.jpg 名前 根田 千尋
入社年 2015年 新卒入社
所属 第一事業本部第4グループ
役職 副チームリーダー
コメント 今が働き盛り!

IMG_2233.jpg 名前 酒井 咲幸
入社年 2018年 新卒入社
所属 第三事業本部リテール事業室
役職 E1
コメント 期待の新人

どこの会社も女性は活躍していたけど、ここ以上に活躍している会社はなかった

若女井 酒井さんはどうして令和会計社に入ろうと思ったの?
酒 井 就職活動をしていく中で、選考段階で自分はどういったキャリアを積んでいきたいのか考えたのがきっかけです。
人生において仕事を通して成長して、スキルアップできるような会社でキャリアを積みたいと思ったんです。
商業高校出身で日商簿記の資格を持っていたので経理業務に興味をもちました。
そんな時に令和会計社に出会って、日商簿記の資格で税理士法人で働けることを知って、
経理や財務の一部分だけでなく一連の流れに携われるところに成長できる環境があり、自分の描いていたキャリアステップに合っていると感じました。

酒 井 若女井さんは転職組ですよね?どうですか?
若女井 私は令和会計社が4社目。それまでは、短い在籍期間で転職をしてしまっていたので、令和会計社では、10年も働けていて、風土も合っていると思うし、結果的に転職してよかったって思ってる。
特に思うのはどこの会社も女性は活躍していたけど、ここ以上に活躍している会社はなかった。何か行動したことに対して、大きな会社なのに変化や売上を実感しやすいところがいいなって思う。

酒 井 根田さんは就職活動どうでしたか?
根 田 就職活動をしていく中で、選考段階で自分はどういったキャリアを積んでいきたいのか考えたのがきっかけです。大学は会計学科で、当時は税理士の資格取得の勉強も少ししていて、はじめから会計業界に絞って就職活動をしていました。
令和会計社は選考段階で人の印象がとても良く、「人材を会社の最も重要な財産」と考える姿勢が魅力的だったから、内定の連絡をいただいて直ぐ入社意思を伝えました。

 

職種関係なく何でも挑戦できるのは嬉しかった

若女井 Expert職は、公認会計士や税理士のアシスタントと就職・転職活動している人に思われることも多いけど実際働いていてどう?
根 田 入社当初はアシスタント職って思ってましたけど、途中から意識が変わってきました。年々自分がクライアントの窓口になったり人をまとめる仕事をしたり、クライアントからの質問も会計士や税理士ではなく自分にくるように変化してきて、自分が先頭に立ってクライアントを対応することで、おのずと責任感が芽生えていきました。自分としては最初からそのようにすればより良かったと思う点もあるので、後輩にもクライアント対応はまず自分でやってもらうようにお願いしてます。
若女井 私が入社した頃は、まだ公認会計士や税理士が一線で働き、Expert職はアシスタントという色が強かった。Expert職はここまで、難しいことは公認会計士や税理士がやるという文化だった。
もっとやりたいという不満のある人やできる能力があるのにチャレンジしないという人もいたけれど、何年かかけて次第に、資格や職種関係なく、やりたい人がやりたい仕事に関与できるような風潮に変わってきたと思う。
酒 井 内定期間中にアルバイトで入社をして、面談で「何でも挑戦したい」と伝えていたら早々に医療法人の申告書を担当することになりました。新人でかつ簿記2級だけの資格で申告書作れるかな?と不安もありましたが、先輩の助言や調べたりして完成させることができたんです。
新人のExpert職でも申告書作るんだった驚いたけど、自分が希望した「何でも挑戦したい」というのを覚えててくれて実際にアクションに起こしてもらえたことが嬉しかったです。
自分で勉強して理解して進めなきゃという責任感は感じます。

 IMG_2223

この1年で社内ですれ違ったら声をかけてくれる人が増えました

若女井 福利厚生についてだけど、今年から始まった住宅手当って使ってる?
酒 井 まだ使ってないですけど、引っ越そうかと思ってます!今1時間くらいかかってるので、一番近い5km圏内で、スカイツリー見えるところに住んでみようかなと思いました。
根 田 住宅手当がなかったら引っ越そうとは思わなかった?
酒 井 近くに住もうと思うと家賃が高いので・・・。
やはり、仕事終わって帰宅して、と考えると家が近いほうが負担も減って、朝出社してからも仕事に集中しやすいかなと思うので、住宅手当ができて本当によかったです。

若女井 朝食のサービスもいいよね!
根 田 私は毎日食べてますよ。元々朝型なんですけど、7:30から朝食提供が始まるので、直前に席を立ってもらいに行ってます(笑)
若女井 独身の人には特にいいよね。

福利厚生制度②福利厚生制度①

※朝食無料提供メニュー一例

酒 井 若女井さんが入社されてから福利厚生制度の変化はどうですか?
若女井 楽しみなものが増えたなと感じてるかな。5年前から始まったプロ野球観戦チケットの抽選は息子も大喜びで、当選すると現地で息子と待ち合わせして二人で観に行ってるよ。二人で過ごす時間も貴重だからありがたい。
若女井 社員旅行や望年会などの社内交流イベントはどう?
根 田 他事業部の方もいたりと初回は緊張しましたけど、今は誰と隣の席になっても楽しい!
酒 井 美味しいものが食べれて嬉しいです。
若女井 その場で知り合いも増えてくるよね。
酒 井 この1年で社内ですれ違ったら声をかけてくれる人が増えました。今年から始まった社内報に特集してもらった時に同期には見たよーってコメントもらいました。
若女井 子供たちのパパママの職場見学会を兼ねたクリスマスパーティは、我が家にはとてもウケが良くって。こちらから誘わなくても子供から「そろそろだね」と楽しみにしているのが伝わってくる。

 

予定をあえて作って、急いで仕事終わらせて帰るようにしてます

根 田 働き方改革のために業務の効率化など何か取り組んでますか?
酒 井 ダラダラ仕事をするのは良くないので、さっきの若女井さんの野球観戦じゃないですけど、予定をあえて作って、急いで仕事終わらせて帰るようにしてます。
若女井 いつでも残れると思って仕事をするのは良くないもんね。
根 田 私は全社的に推奨している朝型にして帰りを早くすることですかね。
また全体的な効率性として、朝に簡単なMTGして、お互い進捗状況を把握するようにしてます。
あとは、チーム内で業務によって工数表を作っていて、かかった時間の見える化をしてます。予想より工数がかかってたら担当の組み合わせを変えたり、業務調整したりしているので、これでかなり効率化になったと思います。
若女井 私のチームでは進捗表を作って、すぐ目で見てわかるようにしてるよ。
あと年次が上の人が、年次の下の人に業務を落として、より高度な業務に挑戦できる環境を作るようにしてる。
酒 井 私のチームは中小企業や個人のお客様が多く、他のチームのように複数人でクライアントを担当しているわけではないので、週1回のチームMTGで進捗共有するのと、もっとこうやると効率的だよというアドバイスをもらうようにしてます。
若女井 あと、ロー残業デーの取り組みも、チームメンバーで残業せずに帰れる日が設定できるのはメリハリできていいよね。
根 田 同じように、閑散期チャレンジの取り組みも、残業しない月を設定できるから帰りやすくなっていいなと思います。

 

頑張ったら頑張った分だけ返ってくるよ、というのは後輩にも伝えたい

酒 井 私は1年働いてみて、会社に不満がないんです。友達にも「不満ないなんてすごい」と言われるんですけど、皆さんはどうですか?
根 田 私は本当に大満足。休みも取れるし、忙しいときもあるけど繫閑がはっきりしているので17時ぴったりで帰れてる。
1年目でも休みが取りづらいことはないし、自分で業務を調整できるのがよい。
若女井 全社的には有給消化率70%くらいなんだよ。
根 田 私は100%くらいの感覚ですけどね(笑)
夏季休暇はチーム内でスケジュール表作って皆取るようにしてますよ。
若女井 私も待遇は満足してる。子供のことで急に休みになってもメンバーが協力してくれて、休み明けに大変になることもあまりない。
転職時は給与面も多くを望むことはなかったけど、仕事をした成果が給与や評価につながっているのを体感できたから、もうちょっと頑張ろうと思うようになった。
頑張ったら頑張った分だけ返ってくるよ、というのは後輩にも伝えたい。

 IMG_2212

将来どうなっても自分がしたいように働ける環境があるなって思ってます

酒 井 お二人とも今は副チームリーダーですが、以前からマネジメントに関わるようなキャリアプランを考えていたんですか?
根 田 あまり具体的には考えていなかったかもしれないな。私は毎年年度末に書く自己申告書に、いつも「マネジメント志向」ではなく「スペシャリスト志向」にチェックを入れてたし。。。
若女井 私もマネジメントなんて自分には到底無理だと思ってた。。。
でも実際に副チームリーダーになって、マネジメントを本格的にやってみると、会社の視点で物事を考えて、経営に関われていることはすごい楽しいしやりがいになると感じてるよ。
根 田 思いましたね(笑)会社やチームの数字により興味を持つようになりました。
若女井 〇〇さんのチームが売上いいらしいよとか(笑)
根 田 今後は後輩を底上げできるよう育てていきたいですね。酒井さんはどう?
酒 井 私はまずは積み上げてきた知識を使って、クライアントに合った提案やアイデア提供を自らできるような人になりたいです。

根 田 今は自分の時間を自由に使ってますけど、今後結婚や出産があったら割り切るしかないんですかね。
若女井 産休明けても戻ってくる人がほとんどで、その文化ができているから、割り切るとかはないと思うよ。そんな事考える必要がないよ。
根 田 若女井さんは家庭も仕事もあって、自分のやりたいことを狭めている感覚はありますか?
若女井 もちろん時間も仕事と家庭で2つに分けて、労力も2つに分けなきゃいけないんだけど、その分両方が薄まっているっていう感覚はないかな。逆に大型連休に入ったときに、長いなって感じた。メリハリって大事!
根 田 正直将来はあまり考えてなくて、今を全力投球してるんですよね。
若女井 それもいいんじゃないかな。
酒 井 私は将来の不安はあまりなくて、結婚や出産してもやめる必要なく、戻ってこられる環境があるので、将来どうなっても自分がしたいように働ける環境があるなって思ってます。
若女井 ではこれからも末永くよろしくね。
根 田 頑張っていきましょうね!

 

▽その他先輩の働き方はこちら

▽社内制度やキャリアパスについてはこちら

<<2019年3月1日より募集開始!>>
マイナビ